呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
1/2(水)  帰省5日目   最終日  【艶艶・立ち食い寿司】
2008年01月02日 (水) | 編集 |
今朝の体重   未測定

今日も白味噌のお雑煮でスタート。

雑煮


雑煮アップ


ムハー。美味いっ。

雑煮ヲタ撮り


この溶け出したお餅が味噌と渾然一体となって、美味いっ。

雑煮二杯目


金時人参と大根もぐぅ。

雑煮二杯目その2


青海苔が入ってるから、香りがエェ。

雑煮青海苔餅


ホンマ美味い。
そういや、30日にウチの下の子供が餅つき手伝いよったな。
ああいうんが好きなんよ、下の子な。

さて。
昨日のお節がまだ残っている。
まさにオツマミとしては最適であり、これを東京へ持って帰りたいところじゃが、そうもイカン。
方法は一つ。

     胃に入れてしまえ(笑)

朝から豪勢なモン食いましたよ。

お節(ローストビーフ)


ローストビーフ、美味かったッス。
ワインが無かったのが無念じゃ。

片づけが終わって、お参りしたら出発じゃ。

コトデンで行きたかったけど、そこは有無を言わしてもらえず、常盤タクシーで高松駅まで移送。
んで、駅二階へ向かう。

    うどん 艶艶

新年の昼下がりとあって、帰省帰りラッシュかと思っていたのだが、意外と空いとりました。
奥の座敷スペースはテーブル席へ模様替え。

窓からは遠く屋島が望める。

艶艶(景色)


ざるうどん

艶艶(ざるうどん)


なかなかウマそうやんけ。

艶艶(ざうるうどんアップ)


ワシとトウチャンが酒を呑む中、オカンが頼んだ蛸飯セットが登場。

艶艶(蛸飯セット)


蛸がちゅとしかのってないYO!

艶艶(蛸飯)


うどんはオードソックス
いや、オーソドックス

艶艶(かけうどん)


かんぼこ(蒲鉾)がのっとるところがウマゲやろ。
やっぱし、かんぼこがのっとるかのっとらんかが、うどんの一般店か製麺所かの違いや思うんやけど。(笑)

艶艶(かけうどんヲタ撮り)


ダシもなー。
万人の好みにあわせようとしとるんやろか。
ま、ヨソいきのお味でしたわ。

子供と嫁はんは満腹らしいが、ワシとトウチャンは空腹じゃ。
オカンも連れ立って、同じ駅ビル2Fの立ち食い寿司へ。

寿司(お酒)


寿司(ぼたん海老)


寿司(蝦蛄)


寿司(中トロ)


寿司(生蛸)


寿司(イクラ)


寿司(魬)


美味い、美味い。
正月からホンマ贅沢しよるよなぁ。

店の外へ出たら、こんなセットが!!

寿司(ランチセット)


香川県では油断すると、アナタの隙間にうどんが入り込んできまっせー(笑)

寿司(うどん)


それと、ロコ貝の模型は無かったみたい・・・(爆)

寿司(ランチの寿司)


じいじ、ばあば、と別れ、マリンライナーはひたすら岡山向けて走るんじゃ。

田舎の風景(その1)


田舎の風景(その2)


田舎の風景(その3)


田舎のこの空気感がたまらなく好きじゃあああ。


[READ MORE...]
スポンサーサイト

1/1(火)  帰省4日目(その1)  謹賀新年
2008年01月01日 (火) | 編集 |
ブログランキングに参加中!クリックよろしく♪FC2 Blog Ranking

  あけましておめでとうございます。

  本年も拙日記をどうかよろしくお願い申し上げます。



今朝の体重   未測定

7時半起床。
正月の朝は、毎年清々しい気持ちになるんはなんでやろね。

台所行って親に新年の挨拶。

早速、雑煮をつけて貰う。

我が家の雑煮は、白味噌にのし餅の切ったのが入る。
他は金時人参と大根。 それに、おかか。

今年のお餅は青海苔入りでした。(激ウマー♪)

午前中はダラダラ過ごす。
TVではお笑い番組。
今年も始まったんやな。
2008年か。
どういう年にするか。

兄貴家族もやってきて、大人6名、子供4名、犬1匹の宴会スタート!

ローゼン(その1)

二蝶のお節

二蝶(風呂敷1)

風呂敷にも名前入り

二蝶(風呂敷2)

お品書きと菜箸がのってます。

二蝶(お重)

木のお重登場

二蝶(お重2)

上の段

二蝶(お節上1)

二蝶(お節上2)

お品書き

二蝶(お節上お品書き)

下の重

二蝶(お節下1)

二蝶(お節下2)

お品書き

二蝶(お節下お品書き)

お節の由来も書いてあります。

二蝶(お節品書き)

ワインスタンバイ。

スプマンテ

ワシは銘柄っちゅうか、そういうのはよく分からん。
スプマンテって書いとるけど、何ソレ?

   イヨマンテとはちゃうの?(笑)

川鶴の古酒。

川鶴(その1)

へへへ。
こっちなら分かる。

川鶴(その3)

二十年ものでっせ。
1984年仕込みのもの。
ワシが大学卒業した頃やなぁ・・・(遠い目)

川鶴(その2)

すっごいフルーティーです。
でも、オヤジは孫に囲まれてこれを呑むのが夢だったらしいんで、一杯だけで後は辞退しますた。

クレメントのお節



クレメント(お節和)



クレメント(お節洋)

クレメント(お節洋2)



クレメント(お節中華)

クレメント(お節中華2)

もう食いまくりッス
(映像をお楽しみ下さい)

お節(その1)

お節(その2)

お節(その3)

お節(その4)

お節(その5)

お節(その6)

お節(その7)

お節(その8)

お節(その9)







 朝食  雑煮、練り物
 昼食  宴会(お節、ステーキ、まぐろ、鰤)
 夕食  引き続き宴会

途中、近所へ散歩に。

散歩(その1)

香川県には、よっけ、ため池があります。

散歩(その2)

屋島まで見通せるんはワシの子供の頃から変わらんなぁ。

散歩(その3)

NHKのアンテナ。
これも昔からあるなぁ。

アンテナ

子供の頃はここまで行くんが大冒険やったけど、今は近く感じる。

散歩(その4)

帰宅すると、今度はステーキ登場。

ステーキ

めちゃ美味ですた。

ステーキアップ

でもって、鰤の刺身

鰤

鰤アップ

またまた日本酒をグイッと呑んでしもた。

久保田碧壽

そして、誰にも相手されない犬クンはウロウロ。

ローゼン(その2)

つまんないよー!!(by 犬)

ローゼン(その3)






12/31(月)  帰省3日目(その5)  呑み納め   【花梨】
2007年12月31日 (月) | 編集 |
ブログランキングに参加中!クリックよろしく♪FC2 Blog Ranking


出立までうたた寝。
大晦日は慌しいような、それでいて行く年を惜しむ寂しさがあるような。
なんか、もう今年も終わるのねぇ。

年の〆は恒例行事である。

   花梨@全日空クレメント高松

ワシはガソリンスタンド経由でレンタカー返却。
確かにガソリン値上がりしてるわねぇ。
これじゃ、車持ってても乗られへんわねぇ。

車、売っぱらって正解やったかもなぁ。

兄貴夫婦も到着して宴会スタート。

各席の様子

花梨(お皿とナプキン)

まずはナプキンを取って、お皿を眺める。

花梨(お皿)

そう、中華の最初のお皿は見て楽しむだけなのじゃ。
だもんで、下げられます。

青島ビールで乾杯

花梨(青島ビール)

定番の前菜盛り合わせ

花梨(前菜盛り合わせ)

子供たちのリクエストが多いんで、いつもは前菜に盛り込むクラゲを別皿で注文。

花梨(クラゲ)

いつも刺身は真鯛ってのが多かったんだが、いいのが入った時だけ出てくる、別の魚。
本日は、太刀魚っ!

花梨(太刀魚刺身フラッシュ)

フラッシュ焚いたらなんちゃ分からんがっ!

花梨(太刀魚刺身)

フラッシュ焚かなんだらなんちゃ分からんがっ!(爆)

ちうことで、お皿に盛り付けた分。

花梨(太刀魚刺身取り分け)

これ、美味かったなぁ。
ナッツとかいろいろ入るんが、日本の刺身とは違うわのぉ。

蓋付きで鱶鰭登場。
孫達と嫁はん2人に振舞われます。

花梨(鱶鰭)

ワシと兄貴の2人は出てこんがーーーっ!
何でやーーーーっ!
と喚いてたら、気の毒に思った嫁はんが分けてくれました。

花梨(鱶鰭アップ)

子供は皿まで舐めようとする始末。
鱶鰭のせいでどんどん食事のマナーが低下しよる気が・・・

蟹爪

花梨(蟹の爪)

これが、蒲鉾っぽいんよ。
っちゅうか、明らかに蟹のすり身で作っとる。
いや、美味いけど、値段が。

花梨(蟹の爪アップ)

1個●百円は高杉晋作、桂小五郎。

こちらは、海鼠。

花梨(海鼠)

ふるふるのプルプル。
あの歯応えある海鼠がこうも化けるとは。

青梗菜の炒めものに何かかかっとりますな。

花梨(青梗菜)

また、鱶鰭やーーーっ!

花梨(青梗菜アップ)

もう、どんだけーーーっ!(←ついに云うてしもた)

これも定番の中国野菜の炒めもの

花梨(中国野菜炒め)

シャキシャキッ!!

花梨(中国野菜炒めアップ)

こってり大好きデブデブ兄弟は、ここぞとばかりに牛肉とマッシュルームのオイスターソース炒め。

花梨(牛肉オイスターアップ)

どこまでもハイカロリーな一品。

花梨(牛肉オイスター)

これが、アータ。
美味いの美味くないのって。
いや、美味いんですけどね。(お約束)

花梨(牛肉オイスター取り分け)

もう、小籠包なんて、子供が取り合っちゃって、ワシは写真しか撮らせてもらえんがな。

花梨(小籠包)

1個ずつ専用の器にのってますな。

嫁はんのリクエスト、酢豚。

花梨(酢豚)

こらまた、大ぶりに切った野菜がシャクンシャクンで美味い。

花梨(酢豚2)

餡の酸味と甘みと衣のサックリ感のハーモニーがたまりませんなぁ。

五目チャーハン。

花梨(炒飯)

もう、見るからにパラッパラ

多分、ワシの人生においても一番パラッパラ

花梨(炒飯2)

あんまし美味いんで2回も追加注文しますた。
大半は子供たちの胃袋へ。

耐え切れず追加注文した小籠包。

花梨(小籠包2)

お熱いところをチュルンッ

花梨(小籠包アップ)

    熱っ!!

で、〆のタピオカマンゴー。

花梨(タピオカマンゴー)

嫌味の無い甘さが秀逸。

花梨(タピオカマンゴーアップ)

ご馳走様でした。
いやー、今年もエェ締めになったのぉ。
お値段は〆て・・・

    とても書けません。

一気にANAマイルが増えましたが。(爆)

えーーっと、高松~東京を1往復、いや、2往復分くらい(笑)

帰りに、これも恒例なんやけど、お向かいのサンポートへお散歩。

サンポート(夜景)

って、建物が営業しよらんがなっ!

張り紙を見ると、「午後3時で建物の営業を終了します」だって。

うーむ。
まぁ、確かに今日は大晦日やし、あんまし人出はのぞめんやろうしなぁ。

でも、ここ、普段から人が居らんとか聞いたし。

高松の新しいシンボルに人が来んで、ゆめタウンやイーオンの方が混んどるって何なんやろ。
その内、建物自体が営業終了にならんかと心配になるで。

よぅ耳にするんは、

   「場所がイカンわ。」

っちゅうこと。

せめて高松駅に真上だったら、もっと人の出入りがあったと思うんやけどな。
高松の駅ビル、しょぼいし。

岡山駅はうまいこと改修したでぇ。
えらい人出やもんなぁ。
(そんかし、地下の一番街は怒っとるらしい)

綺麗なイルミネーションやけど、カップルは一組しか居らんかった・・・

サンポート(夜景2)

今日は寄り道せんと帰宅。

大晦日はこれ見んとイカンやろっちゅうことで「紅白歌合戦」。

それなりに豪華で楽しかった。

さて。
今年も当日記をご覧頂き厚く御礼申し上げます。

来年もどうかよろしくお願い申し上げます。   筆者



12/31(月)  帰省3日目(その4)  まさに師走   【函館市場】
2007年12月31日 (月) | 編集 |
ブログランキングに参加中!クリックよろしく♪FC2 Blog Ranking


一旦、帰宅。
んで、嫁はんとお昼を食べる先を検討。
で、サンフラワー通りにある回転寿司へ行く事にケテーイ。

    函館市場

お店に到着すると、カウンターに空きはあるものの、テーブル席は満席。
丁度、ワシらの直前のお客さんでテーブル席は埋まったようじゃ。

待っている間の10分くらいの間にお客さんが次々やってきて、あっちゅう間に20人くらいの待ち。
やはり、大晦日のお昼で家族外食納めってところか。

この店はウェイティングスペースが広いんでイライラせんで済む。

   「4名様でお待ちの○○様~」

   「ハイッ!」

このお店のお寿司はちゅとずつひと手間をかけてあるんで、なかなかおいしい。
流れてくる種類も量も豊富やし、店員の清潔感もグゥ。

ワシらのテーブルエリアを担当するホール係の顔が、北陽の虻川(アブちゃん)に似ているもんで、接客を眺めよると飽きがこん(笑)

子供たちは、毎度のネギトロ絨毯爆撃。
ワシはお酒呑めんし、朝から4軒5玉食うとるけん、軽くつまむだけ。

今なんぼぐらいかなー?とお皿の数を数えたりして暇つぶし。
ま、こうやって数えておけば、出すお金の準備も出来るっちゅうもんじゃ。

   「さてと。そろそろ行っか。」

   「伝票は?」

   「無いみたいやな。席言えば、レジんとこで分かるんちゃうか。」

お持ち帰りのお客さんが2組いたんで、しばらくレジんとこで待つ。

   「お待たせしました。」

   「あそこのテーブルです。」

   「はい。」

しばらく沈黙。
嫌な予感。
後ろのお客さん見ると、伝票っぽいのを持ってるがな。

   「伝票あったの?」

   「あ、はい。店員のものがお会計に参りませんでしたでしょうか。

ギクッ。
んな人、来てない・・・いや、呼ばなんだワシらがイカンのか?
そんなルールやったんか。

テーブルを見やると、すでに次のお客さまをお迎えするべく、清掃済み。
ワシらの積んだ賽の河原、いや、寿司の皿は

   全て、テェッキョ!!

   「少々、お待ちください。」

うーむ。
どうなることやら。


[READ MORE...]
12/31(月)  帰省3日目(その3)  剛麺 健在  【あたりや】
2007年12月31日 (月) | 編集 |
ブログランキングに参加中!クリックよろしく♪FC2 Blog Ranking


さてと。
2軒や3軒でお腹一杯とはいかんが、この後、嫁はんと子供達とお昼を食べたり、運んだりせなイカンけん、余裕を持って帰るか。

途中から新空港通りへ出て、北上。
で、東バイパスへ右折で入ったところで、あらららら~黄色いパトランプが回ってる~
車のハンドルが勝手に左へ~

スポーツクラブの地下駐車場へ入っていくと、

     あたりや

あたりや(店構え)


久しぶりに来たのぅ。
おお、別Pさん情報が無かったら絶対来んかったでー。
毎年、28日か29日には閉めよったもんな。
だけんかしゃん、あの行列でならすあたりやに、行列が無いっ!

あたりや(店頭)


大晦日に小さな奇跡じゃのぉ
っちゅうか、世間に大晦日営業が知れ渡っとらんだけか(笑)

それにな。
大晦日だけやなしに、明日の元旦もやるっちゅうでないな。

こらもー、大将、何か変な宗教にかぶれたん(以下、自粛)

お店に入る。
うーむ。

    強面感は全く弱まってないぞ(爆)

口では言わんが、【ご注文はこちらでお願いします】のPOPからそこはかとない圧力を感じるのぉ。

   「スンマセン。ひやあつの小としょうゆの小、頂戴。」

   「はい。」

作るんは早いんよなー。
サササッちゅう感じで手際よく作る。

カウンターの調味料んとこには【席まで持っていかないでください】とあるんで、しょうゆにはそこでゆず果汁をピュピュッとかける。

席へ移動。
一応、天ぷら棚は見たけど、ゲソ天は取らず。

ひやあつ。

あたりや(ひやあつ)


透き通ったおダシが綺麗。
ちゅと飲んでみると、イリコがびんびんに利いとる。
これは強烈じゃのぉ。

あたりや(ひやあつアップ)


生姜をゴシゴシしてから食う。

   ズズッゾゾゾゾッ

ムンフー。
他の食べ物屋さんでも、久しぶりに食べたりすると、「味が薄くなったか?」とか「柔らかくなったか?」とか「量が減ったか?」なんて思うことが多々あるけど、あたりやは違うなぁ。

あたりや(ひやあつヲタ撮り)


なんちゅうか、このコシの強さ
エッヂの立ち具合
小麦の香り

もう記憶の中のあたりやのうどん、そのまんま!
こらー、美味い。

ひやあつのダシを半分くらい残して一息つく。


[READ MORE...]