呑み屋とうどんと水泳をこよなく愛する中年オヤジです。 ツラツラと日々を綴ります.
2017年05月05日(金) 2248日目(その25) なかむら屋
2017年10月19日 (木) | 編集 |
今朝の体重  未測定

本日は,月に2回の“破砕ゴミ”の日。
ビン,缶類に加え,大量のハンガーを捨てる。

それから,シャワー浴びて洗濯開始。
洗い上がりを待つ間に,再びの除草剤。
こないだの続きじゃ。

洗濯物干してから,朝飯じゃ。

今日は金曜日やけど,子供の日で祝日。
「曜日に依らず祝日は休み」っちゅう店と「祝日無関係で曜日で営業」っちゅう店があるけん,下手に訪問すると「定休日」の看板にぶち当たるとも限らん。

東バイパスを10分ほど走って,高松東高の方へ右折して,パトランプが見えても安心してはイカン

     それは,隣のクリーニング屋のパトランプじゃ(笑)

ほどなく到着。

20170505なかむら屋(その6)

     なかむら屋

オープンカフェのような造りの建物。
丸亀は飯山の名店「なかむら」の長男がやっじょる店。

車を降り,店内へ。
シンプルなメニュー構成やけど,悩んでしまうくらい,どれも美味しい。

  「ご注文どうぞ。」

  「えーーっと。あつひやの中下さい。」

天麩羅を2つ取り,お勘定。

  「ダシは冷たい方,入れてくださいね。」

  「はい。」

そう,この店では,注文に応じて,そのままのうどんか,温めたうどんを入れてくれたドンブリを受け取り,別テーブルに置かれた,熱いダシのタンク,冷たいダシのタンクから,セルフで入れるシステムなんじゃ。

お葱は青ネギをセルフで入れる。
この青ネギが全く辛くない。エェ分,仕入れよるんやろなぁ。

あつひや中

20170505なかむら屋(その1)

ダシが透明じゃ。

20170505なかむら屋(その4)

  ズッチュルルルル~♪

20170505なかむら屋(その5)

ふぅ。美味いのぅ。
このコシ,どいや,ボクよ。えっ!

鯛竹輪天

20170505なかむら屋(その2)

これが,肉厚で美味い美味い。

蓮根天

20170505なかむら屋(その3)

シャクシャク。
これも上等やのぅ。

パラパラとお客さんが途切れずやって来る。
皆さん,美味いうどん屋をよぅ知っとりますなぁ。

ごちそうさまでした。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!
スポンサーサイト

2017年05月04日(木) 2247日目(その24) 自宅飯(酒鍋)
2017年10月18日 (水) | 編集 |
アニキんち経由で,カアチャンのところには14時前到着。

ベッドで寝てたけど,気配で目を覚ました。

眠気で時々居眠りしよったけど,15時半まで1時間半ほど滞在。

  「また,明日来るけんの。」

  「約束で。」

  「はいはい。」

取って返して,お世話になる某さんへ挨拶。
色々と状況をお伝えする内に,1時間経ってしもた。

17時半過ぎにおいとまして,帰りがけにマルヨシセンター松縄店で夕飯の買い出し。
なんか,疲れたのぅ。

19時過ぎから,夕飯の準備。

オヤジの飲み残しのパック日本酒を土鍋に開ける。
去年の年末にオヤジとやった酒鍋の再現じゃ。

煮立ってきたら,野菜を入れて軽く煮込んでスタンバイOK

20170504自宅飯(その6)

テーブルにカセットコンロセットして,鍋を移動。

鰆刺身

20170504自宅飯(その1)

鰆には皮が付いてないと(以下,略)

20170504自宅飯(その2)

20170504自宅飯(その3)

鰆は美味いのぅ。

20170504自宅飯(その4)

途中から,鰆を鍋でしゃぶって食べる。

20170504自宅飯(その7)

むふー。絶品!

20170504自宅飯(その5)

20170504自宅飯(その8)

昔,折詰弁当で鰆の刺身が戻って来た時,晩に鍋に入ったことがあって,それが美味かったんじゃ。
それを,寂しく独りで再現(涙)

朝食 うどんそばミックス冷やかけ,げそ天,かぼちゃ天@かすが町市場
昼食 じゃじゃうどん,鶏めし,平天天@てら家
夕食 さわら刺身,酒鍋,冷凍そば


〆は,冷凍庫の「ふるかわ」の冷凍そば

お気づきの方もおられるかと存じますが,実家の冷蔵庫と冷凍庫を一掃しております。
いずれは,処分せなアカンしな。

はぁ,なんか,気が滅入る取組みやけど,ワシ以外にやれる人居らんし。

ひたすらビールを呑んで,TV見て,いつの間にか就寝。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年05月04日(木) 2247日目(その23) てら家
2017年10月18日 (水) | 編集 |
帰宅して,来客を迎える準備。
薬缶でお湯を沸かして,茶器類を用意。

お約束の10時半に見えられた。
ご案内して,少しお話し。
オヤジを参っていただいている間に,お茶を入れ,差し上げる。

  「本当に知識が豊富な方で・・・」

オヤジと話をするのが楽しみだったそうな。
亡くなった時の経緯をお話しすると,驚いていた。

お帰りになった後,除草剤散布。
2リットルのを4本。
これから,めっちゃ雑草が茂る時期だから,まめに撒かんとな。

箪笥の中の衣類を片付け。
ワシが中学生の頃,気に入っていたTシャツが出て来て驚いたわ。
それ以外にも「こんなん,何で取ってあるん?」みたいな物が次々。

12時半頃,出立。
昼飯食べつつ,カアチャンに面会じゃ。

東バイパスから32号に入り,途中から高松西IC入り口へ右折。
有料自動車道には乗らず,道なりに進んで,山を越えた先にあるこちらへ。

20170504てら家(その1)

    てら屋

ここ2年ほど,何度も前を通ったけど,初訪問。
結構,年季の入った造り。
うどんツアーやっていた頃に,何故アンテナに引っかからなかったんだろう?

駐車場には多数の車。
香川ナンバーばかりで,地元に根付いているのがよく分かる。

中へ入ると,ノーマルかつクラッシックな造り。
和むなぁ。

いろんなメニューがある中,看板の釜揚げにしようかと思ったところに,あるメニューが目に入る。

   じゃじゃうどん

もう,これしか考えられん(笑)
そっちにあるドンブリはなんぞ。鶏めし? もちろん,ゲット。

  「ご注文,どうぞ。」

  「じゃじゃうどん下さい。」

天ぷら類も豊富じゃのー。
って,見たことないんがあるぞ。
芋でもないし,餅でも無いし。

  「これなんですか?」

  「それ,平天です。」

なんとかっ! 既に天ぷらである平天をまた揚げたんかっ!

かつて,某店のあった「お揚げの天ぷら」に匹敵する色物ネタ(笑)
もちろん,ゲット!

うどんを受け取り,支払して,カウンター席へ移動。

じゃじゃうどん,鶏めし,平天天

20170504てら家(その2)

じゃじゃうどん,名前の通り,ジャージャー麺のうどんバージョン。

20170504てら家(その5)

肉味噌が掛かってて,めっちゃ美味そうやんか。

20170504てら家(その6)

   ズッロロロッゾゾ

20170504てら家(その7)

ぬふぅ。
これ,美味いでないな。

温かいうどんのビヨビヨ感が,肉味噌をまとって,たまらんのぅ。

鶏めし,これまたお土産にして持って帰りたいレベル。

20170504てら家(その4)

そして,平天天(ひらてんてん)w

20170504てら家(その3)

何故,揚げる必要があったのか。
今,その謎が解けるっ!

  ハムハム

結論。
揚げることで,表面の弾力がマシマシ。

20170504てら家(その8)

残った肉味噌を,平天天でさらって食べると,美味さ倍増,満足度最高!

なんか,興奮する店やのぅ。
メニュー豊富やし,次は何にするかのぅ。

ごちそうさまでした。

駐車場から見える風景

20170504てら家(その9)

気持ちエェのぅ。
さぁ,行こうか!

20170504てら家(その10)

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年05月04日(木) 2247日目(その22) かすが町市場
2017年10月17日 (火) | 編集 |
今朝の体重  未測定

7時過ぎ起床。
シャワー浴びてから,洗濯開始。
衣類,下着を最小限しか持ってきてないのよ。

洗濯の間も,オヤジの書類とにらめっこ。

洗濯物干してから,9時過ぎに出立。

20170504かすが町市場(その1)

   かすが町市場

開店が9時だったか,9時半だったか忘れてたけど,やってました。
映画「UDON」で,コニタンがマーチでどせくっぜたお店。
あの時とは店の位置が敷地内で移転しております。

20170504かすが町市場(その2)

昔の店舗は,中に太鼓やら民芸品がたくさん。
小さかったウチの子供が,太鼓をドーンドーンと叩いたのを覚えてる。

平(たいら)本店って会社が運営してて,他には「キリン」「天狗」「とんぼ」「エコぽん太」「元気」を経営している。
ワシが好きな「とんぼ」「エコぽん太」も同じ資本なんだ。

ここのウリは,回転が良いので,うどんがいつも打ち立て,茹でたて。
活きのイイうどんが出て来る。

そして,何と言っても,そばがイイ。
うどん粉80%,そば粉20%の逆二八蕎麦,いわゆる「讃岐そば」なんじゃ。

越前そばや出雲そばと見紛う太さの蕎麦の食感たるや,粘りが強い(そら,うどん粉やけんw)
邪道かもしれん造りやけど,讃岐っ子には馴染みのお味。

  「何しましょ?」

  「うどんとそばのミックス出来ますか?」

  「ハイ,出来ますよ。」

  「ほんだら,ミックスの冷やかけ。」

今日は2軒目に行く時間の余裕は無いけん,ここでお腹を起こそう。

ゲソ天取ってから,かぼちゃ天も。
野菜を摂らにゃ,だちかんぞっ!

代金を支払って,ネギと生姜はセルフで追加。
着席して,さぁいただきますっ!

うどんそばミックス冷やかけ,げそ天,かぼちゃ天

20170504かすが町市場(その3)

うどん

20170504かすが町市場(その4)

透明なダシの中で艶々,光っております!

20170504かすが町市場(その5)

ゲソ天

20170504かすが町市場(その6)

かぼちゃ天

天麩羅,衣が薄くてサックサクでめっちゃ美味そうやんか!

20170504かすが町市場(その7)

そして,蕎麦!

20170504かすが町市場(その8)

  ズゾゾゾゾゾッ

んふ~♪ ンマイッ!

うどん

20170504かすが町市場(その9)

   チュルルルルルッ

滑らかっ!そして,グィッと来るねぃ♪

すっきりダシはグビグビ飲める。

満足度の高い一杯。
おでんも美味しそうなんだけど,朝一の牛スジは危険だからな(固いことが多い)

ごちそうさまでした。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!

2017年05月03日(水) 2246日目(その21) 自宅飯
2017年10月17日 (火) | 編集 |
帰宅して、車を停めようとしたら、義姉ちゃんの車がある。
あ、来てるんや、と家の中へ。

台所の机の上が綺麗になってる。
片づけてくれたんや。

奥へ進むと、

  「あ、お帰り。」

  「ただいま。先日はお世話になりました。」

甥っ子と2人で座敷に散乱していた衣類を片づけ中。

  「すんませんな。手伝いしてくれて。」

  「大丈夫。一応、ポケットとかチェックしながらやっじょるけん。」

オヤジはポケットに小銭やお札の現金類を裸で入れる人やったからな。

20170503片づけ(その1)

20170503片づけ(その2)

20170503片づけ(その3)

ワシは14時に、用事先へ行かなイカン。

  「ちょっと、行てきます。スンマセン。」

14時に木太町の某所。
オヤジのお通夜と葬式でお世話になった方。

  「その節はお世話になりました。」

  「いえいえ。お疲れ出てませんか?」

  「なんか、気持ちが張り合いが無くなったような感じです。」

その方の先導で、車2台で3ヶ所を廻って挨拶。

  「ありがとうございました。」

  「ほんだら、また。」

御坊町でお別れし、ワシはもう一つのお香典を返却しに宮脇町へ。

今度の方の自宅は比較的簡単に見つかった。
丁重にお礼を申し上げ、お渡しする。

少し、肩の荷が下りたかな。
一つ一つに達成感を感じないと、どこかで心が折れそうになるわ。

20170503片づけ(その4)

20170503片づけ(その5)

帰宅すると、義姉ちゃんと甥っ子くんはひと段落ついたところ。
丁重にお礼を申し上げる。

17時頃、お二人お帰り。
ワシはマルヨシセンターへ買い出し。

朝食 釜揚げ小,飯蛸天@こだわり麺や
昼食 うな丼セット¥900@三よし
夕食 げた煮付け,こち刺身,丸はぎ煮付け他


独り自宅飯

げた煮付け

20170503自宅飯(その1)

20170503自宅飯(その2)

うん、美味しい。
懐かしいお味。

地のこち刺身

20170503自宅飯(その3)

20170503自宅飯(その4)

コリッとした食感と甘みが良い

20170503自宅飯(その5)

マルヨシのたまり醤油がよく合う。

20170503自宅飯(その6)

ゲタの煮汁で煮付けた丸ハギ

20170503自宅飯(その7)

ちゅと、盛り付け失敗したけど(笑)

20170503自宅飯(その8)

TVを眺めるうちに寝てしまった。

しばらくして起きて、片づけして就寝。

ブログランキングに参加中!ココをクリックよろしく!!